動画違法アップロードと損害賠償

このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ番組やアニメ,あるいはアダルト動画などをyoutubeFC2動画などに違法アップロードしたところ,著作権者や,その依頼を受けたとする弁護士(法律事務所)から損害賠償を求める内容証明郵便が来た。

中身を見たら,閲覧回数×販売単価という算定基準に基づく数百万円の損害賠償請求だった。

数百万円の損害賠償金を○日以内に支払うよう求められ,法律事務所の口座が記載されている。

支払いができない場合には,著作権法違反として告訴あるいは裁判などの法的手続に移行する,などと書かれている。

さて,違法アップロードは,気に入った動画を皆にも知ってもらいたいというような軽い気持ちで行われることが多く,
それゆえ,とんでもなく高額の損害賠償請求が来ると,パニックになりがちです。

「アップロードしただけでこんな高額な請求が?」
「ほかにもたくさんの人がやってるのに,なんで自分が?」
「本当の弁護士なのか?新手の詐欺なのではないか?」

いろいろなことが頭に思い浮かぶかもしれません。

一昔前は,youtubeやらニコニコ動画やら,あるいは海外の動画投稿サイトで
番組やPVをまるまる視聴できたり(もちろん違法),
その(違法)投稿で人気に火がつき,一大ムーブメントが巻き起こったりしたとも言われていますが,
だからといって違法な投稿が適法な投稿になるわけではありません。

「違法に動画を投稿したことで,人気が出て,かえって儲かっただろう」というようなことは通じないのです。
(もしその主張をするなら,違法アップロードをしなかった場合の想定利益と,当該違法アップロードにより増えた利益の主張立証が必要となりますが,非常に困難でしょう。また,実益もありません。)

違法アップロードによって著作権侵害をしてしまったことが間違いないのであれば,
誠意ある対応をすべきだと考えます。

まず行わなければならないことは,
・内容証明郵便の送付元が本当に法律事務所なのか。
・その弁護士の依頼者は本当に著作権者なのか。
という点の確認です(当然ですが)。

では,この2点がクリアされた場合,相手方の請求額をまるまる支払わなければならないのか,
というと,必ずしもそうでない場合が多い印象です。

こういう違法アップロードの場合,閲覧回数×販売単価で機械的に算出された金額が
請求の根拠とされていることが多いようです。

では,妥当な損害額というのはいくらなのでしょうか。
この点は,経済産業省のサイトが非常にわかりやすくまとめられているので,引用します。

まず,違法アップロードして,利益を得ていた場合はどうでしょうか。

著作権法114条2項により,
「著作権者等は、著作権侵害を行った者に対し、その著作権等侵害行為により侵害者が利益を受けている場合は、その利益の額が損害の額と推定されます。これを根拠に損害額を算定し主張することができます。ただ、この規定は推定規定にすぎないため、権利者が受けた損害の額がもっと少ないことを侵害者が立証することで、推定が覆される可能性があります。」

つまり,違法アップロードをした人が得た利益が,そのまま損害額として推定されます。
では,自分は違法アップロードしたけど無料投稿だし,1円も利益を得ていない!という場合には損害はゼロだから賠償金を支払わなくてもいいのか?

・・・というと,直ちにそうなるわけではありません。

著作権法114条1項により,
「著作権侵害により、著作権者が自己の受けた損害の賠償を請求する場合において、著作権侵害者が侵害の行為によって作成された物を譲渡したときは、その譲渡した物の数量に、著作権者がその侵害がなければ販売することができた物の単位数量あたりの利益の額を乗じて得た額を、著作権者の販売等を行う能力に応じた額を超えない限度において、著作権者等が受けた損害の額とすることができます。ただし、譲渡数量の全部または一部を著作権者等が販売することができない事情があるときは、その事情に相当する数量に応じた額を控除するとされています。」

「損害額」=「侵害者の譲渡等数量」×「権利者の単位あたりの利益」(ここまでの計算結果が著作権者の販売等を行う能力に応じた額を超えない限度)−「権利者が販売等を行えない事情に応じた金額」

というような推定規定があります。

「著作権者の販売等を行う能力に応じた額を超えない限度」というのは,
著作権者の規模や販売能力を超える利益が発生していたとしても,その部分は「損害」にはあたらないというものです。

再生回数×販売単価という著作権者側の請求は,これをベースにしているように感じます。
しかし,「販売単価」=「販売利益」ではありませんし,販売能力の縛りもあります。

違法アップロードに関する損害賠償については,いろいろな観点からの検討が必要になりますので,
こういった内容証明郵便が届いて不安だ,という場合には,弁護士に相談してみてはいかがでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です