遺産分割について

このエントリーをはてなブックマークに追加

遺産分割については,本当に良く揉めることが多いですね。
揉めるいくつかのケースがありますので,ざっくりと書いてみます。

1 長兄単独相続希望のケース
良くあるパターンは,最近は少なくなっているとはいえ,長男が,自分が跡継ぎだからといって
遺産を全部持って行こうとして,その弟や妹たちが納得できないというもの。
「自分は親父から『自分が死んだら全部お前にやる。』と言われていたんだから,親父の意思を尊重する」
などと述べることもあります。

しかし,それは通らない話です。
親父さんとして,本当にそう思っていたのであれば,なんとしても生前,遺言を作成しておくべきでした。
有効な遺言がなく,口頭で「全部お前にやる」と言った言わないという話が出ても,無理です。

長男であろうと二男であろうと,長女であろうと末の弟妹であろうと,
原則として子ども達全員が均等に遺産を分けることになります。

家督相続制度が廃止された現行民法になって,はや数十年が経っている現在においても
長男優先主義,家督主義がはびこっていることに正直なところびっくりします。

しかし,おそらく,平等に遺産を相続するという法律があることは知っている。
でも,全相続人で合意すれば,自分が全て相続できることも可能である。
(それはたしかにそうです。合意があれば,の話ですが。)。
だから,弟妹たちに納得してもらおう。説得しよう。
そういう流れなんだと思います。

ただ,この考えは,弟妹たちが反対すれば破たんしますので,次善の策を講じなければなりません。

2 無報酬介護・寄与分主張のケース
また,これは本当にかわいそうな話なのですが,
老齢の親を引き取り,何十年も介護をして,自分たち家族は本当に疲弊した。
しかし,遠方に行ってろくに面倒も見ないどころか顔も出さないきょうだいが
「平等」の相続分を主張してきた,というケースもあります。
ネットでいろいろ調べて「寄与分」という概念を知ったので,これを主張したい,というケース。
親の介護をしたということは,原則として寄与分の増額には繋がりません。
平等ということになります。
「じゃあ親の面倒を見ただけ損ではないか」というお気持ちも,ある意味もっともです。
できれば,そういった状況も加味して遺産分割協議が整えばいいのですが・・・

面倒を見てくれた子どもに遺産を多く渡したいというのは,親として一般的な気持ちかもしれません。
そうであれば,やはり先ほど述べたように,なんとしても生前,遺言を作成しておくべきでした。

3 遺産の分割方法で揉めるケース
遺産のすべてが預貯金なら,機械的に分配できますので,
遺産分割で揉める危険はそのほかに比べれば低いのですが,
不動産やら何やらがたくさんある場合は,なかなか揉めることが多いです。
すべての不動産を相続人で均等に共有というのは一番平等なのですが
2世代,3世代後,まるでねずみ算のように相続人が増えてしまった場合,
売るに売れない土地になってしまいます。
誰がどの土地を相続するのか,誰がどの遺産を相続するのか,
それで揉めるパターンも数多くあります。

=========
遺産分割というのは,揉めた場合には1年以上かかることも決して珍しくありません。
ですから,まず,自分が生きているうちに遺言を書いておくことが何より大切です。

もし,遺言がなく揉めている場合は,おそらくきょうだい間で心情的・感情的対立が激しいのだと思います。
感情をどこまで裁判所に持ち込むかというのは悩ましいところもありますが,
感情なしの人間というのもあり得ないわけですから,
法律ではどうなるか,ということを知っておいた上で,判断すべきことだと思います。

なお,遺産分割で揉めた場合は,遺産分割調停が有用です。
裁判所の調停委員さんはいろいろな肩書の人がいらっしゃいますが,
遺産分割調停では,弁護士や税理士等の専門士業が
調停委員として参加していることも少なくありません。
それでも,調停委員は中立的立場にいなければなりません。
どちらか一方の味方になることはできませんので,
必要があれば,自分の味方としての代理人弁護士に依頼して
弁護士とともに調停に行くべきでしょう。

ただ,私も含め,多くの弁護士は,正直なところ,税金関係や登記関係に疎いです。
餅は餅屋で,税理士や司法書士が精通しているところです。
税理士や司法書士と提携している弁護士に依頼すると,スムーズかもしれません。

先ほども述べましたが,遺産分割調停は年単位で時間がかかることが珍しくありません。
調停は月に1度程度とはいえ,心理的にものすごいエネルギーを費やす方が多いので,
これが長く続いてしまうと,大変疲れてしまいます。
調停や事件との適度な距離感を持つことが大事だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です