交通事故の弁護士向け研修を受けてきました

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日,どうしても受けたかった交通事故に関する研修を受けてきました。自費で。

株式会社自研センターが実施する,弁護士向けの研修です。

千葉県市川市の二俣新町駅近くの自研センターにて,朝から夕方まで,充実したカリキュラムがみっっっちり詰まった濃厚な2日間でした。

自動車の構造,修理技法,見積技法。衝突などについての基礎知識を習得することを目的としているものでしたが,座学だけではなく,まずは教室で基本的なところを学び,その後実際に見てみよう!という流れで進められる,非常にわかりやすいものでした。

本物の自動車を前にして,構造を「目で見て」理解することができました。

そして,実際に目の前で自動車を自動車に衝突させます。

追突する瞬間を撮影しようとしたものの,追突の直前になってしまった写真

脇見運転など前方不注視で前の車に突っ込む。大きな衝撃音がして,辺り一面にエアバッグの粉が舞い上がりました。

日本全国,今この瞬間も複数発生しているであろう,ありふれた交通事故かもしれません。ですが,ぶつけた方もぶつけられた方も,ものすごい恐怖を受けただろうと思います。ぶつけられた車に乗っている人も,おそらく怪我をしたでしょう。何が起きたかわからず,パニックになったかもしれません。事故の恐怖を改めて実感しました。

続いて,実際に今目の前でぶつかった車の修理を見せてもらいました。どこがどう変化しているのか。交換する必要があるのか。引っ張って直すのか。どう引っ張るのか。叩くのか。どう叩くのか。溶接か。どう溶接すればいいのかなど,修理を実際に見るのは初めてだったので,非常に勉強になりました。

その後は,塗装です。調色は済ませていただいていましたが,他の部分と全く見分けがつかないように塗装する「プロの技」を見ることができました。

最後に,卒業試験ではないですが,実際に凹んだり傷ついている車を見て,何と,どう接触したのか推理する時間がありました。私もいろいろ考えて「電柱・・・ではないな。鉄柱か!でもちょっと凹みがずれてるんだよなぁ・・・」などと推理したのですが,実際はセダン型自動車の後部トランク部分の角との接触だったという引っかけ(?)問題に見事に引っかかってしまいました。

今回学んだことは,アジャスターや修理業者の方々にとっては基本中の基本の事項であり,初歩の初歩だったと思います。ですが,実際に見積書や写真,そして診断書,鑑定書など,書面中心なのが弁護士ですので,今回,いろいろと実際に「見た」「感じた」経験が,「想像力」となって,案件を進めるにあたり,随所で深みを持たせられるのではないかと思います。

今回は日弁連を介しての参加だったので,自費(数万円)を払っての参加でしたが,非常に濃厚なカリキュラムとホスピタリティ溢れるスタッフの皆様のおかげもあり,十分元は取れた,大満足の研修でした。

なお,台風15号の影響で,現在も千葉県は大変なことになっています。私は台風被害からおよそ10日後,幕張のホテルに宿泊したのですが,幕張は電気も通っており,特段被害を感じることはありませんでした。しかし,入ったコンビニに陳列されている商品の少なさを見て,被害を実感しました。千葉県をはじめとする被災された地域の皆様が,一日も早く日常を取り戻されることを祈念申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です