ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加

群馬県高崎市の弁護士・舘山史明(舘山法律事務所)のブログです。不定期更新です。

ブログ一覧

平成30年雑感

師走ということで,平成30年の1年を振り返ってみたいと思います。

もちろん,ご依頼いただいている大多数の案件は,師走であろうが関係なく進行しています。しかし,年の節目ということでご容赦ください。

家事事件について

当事務所の最大の「売り」のひとつが離婚事件,遺産分割事件等の家事事件です(正確には家事事件ではないのですが,不貞等の慰謝料請求も性質上こちらに含ませていただきます。)。

本年も,本当に多数の方々からのご相談とご依頼をいただきました。高崎,前橋,太田,桐生と県内各地の裁判所を駆け回ったり,県外の裁判所への出張も多数ありました。

スピード解決した案件もたくさんありましたし,時間を掛けてじっくり進行している案件もたくさんあります。

ただ,家事事件は特に「心」が大事な案件であるということは,常に肝に銘じています。

依頼者様と様々な選択肢を考えて話し合い,判決や審判になったらどういう結果になるかを常に見据えながら,依頼者様やお子様のためになるような解決に向けて全力を尽くします。

「話しやすい」「安心した」「頼りになる」といったお言葉をいただくことが本当に嬉しく,そう言われるような弁護士でいたいと思っています。

家事事件では特に,冷徹に「合理性」(経済的観点からみた最も有利な解決)を依頼者様に押しつけるようなことは絶対にせず,じっくり話し合いながら,心とお金の問題を調整していきたいと思います。

そんな中で,相続人が多数いる遺産分割の案件や,長年のきょうだい間の争いに終止符を打てるような遺産分割の案件が本年,目処がついたことは本当に嬉しく思っています。

企業の皆様からのご相談について

ありがたいことに,今年も,顧問先として当事務所を選んでくださった企業様もいらっしゃり,このご期待に応えるためにも,当事務所の体制整備を進めてきました。

長らく弁護士1名,事務局1名の2名体制で,すべての案件を共有して2人のチームでオーダーメイドの対応をしてきました。そのため,多数の案件を抱えている時期には,お待たせしてしまうこともありました。これは率直に反省しなければなりません。

そのため,当事務所も12月17日より,熱い魂と冷静な頭脳を兼ね備え,さらに瞬発力抜群の西村直行弁護士に加入していただき,より早く,深い対応が可能となりました。

また,顧問先企業の代表者の方々には,舘山の携帯電話番号をお伝えして,出先であっても,あるいは休日や夜間でも,緊急電話相談を可能にしているのですが,これが意外と評判です。引き続き,このサービスは継続したいと思っています。

交通事故について

交通事故の損害賠償はもちろん例年どおり多数扱っています。交通事故については,弁護士費用特約がついていれば,ご依頼者様に追加の負担が出ないよう事件処理をしています。必要に応じて,医師と面談相談したり,意見書を書いていただいたりして,できるだけ実態に沿った解決となるよう,心がけています。

発信者情報開示請求等のインターネット関連事件

当事務所は,正確な統計があるわけではありませんが,おそらく,群馬県内ではかなりの取扱いをしている方だと思います。本年も,発信者情報開示請求訴訟や名誉毀損罪での刑事告訴等,多数取り扱いました。現在,舘山の東京出張のかなりの割合が,東京地裁での発信者情報開示請求訴訟です。それなりの案件を扱っているとはいえ,この分野は極めて奥が深く,とにかく勉強を続ける必要性があると痛感しています。

建築・不動産関係

建築紛争や不動産関連の紛争の相談や受任が飛躍的に増えたという印象です。信頼できる不動産業者や専門家と知己を得ることができたり,顧問先に優秀な建築会社様がいらっしゃることから,専門的知見を伺いながら案件を進められるという安心感は,何事にも代えがたいものがあります。その甲斐もあって,素晴らしい解決ができた案件もあり,私自身,ほくほくしています。

一般民事

貸金や損害賠償も,もちろん多数取り扱いました。証拠を収集しながら訴状,答弁書,準備書面を書いたり,尋問に向けて証拠を整理したりしている時間は,まさに「弁護士冥利に尽きる」時間です。打合せを重ねながら書面を作成し,依頼者様に満足いただけるものになったとき,あるいは尋問後に「感動しました」とか言っていただけると,本当に嬉しく,その夜の酒が進みます(ちゃんと代行で帰ります)。

破産,再生,債務整理,破産管財

弁護士1名,事務局1名体制というキャパシティのため,債務整理や破産申立ては相談があれば承るということをしてきましたが,それでも,破産申立てや債務整理は引き続き取り扱ってきています。12月より弁護士2名,事務局3名体制になったため,これからは積極的に債務整理や破産・再生申立てにも関われるかと思っています。

他方,裁判所からは,ありがたいことに破産管財人や再生委員の打診を継続的にいただいており,本年も,破産管財人として,破産者(会社や代表者)の財産の売却はもちろん,債権者の居住実態調査に赴くなどして,財団形成に努めました。

最後に

弁護士1名,事務局2名が新たに加わり,より組織的に動くことができるようになりました。「イソ弁に丸投げ」「ボスに依頼したのに出てくる弁護士が違う」という不満が出ることのないよう,当事務所が受任した案件は,前に所属していた事務所時代と同様,弁護士2名体制で合議をしながら進めていきます。新たに加わった事務局も,前職時代の資格や経験を活かしてくれると思います。

「信頼できる,頼りがいのある法律事務所」になるべく,引き続き精進いたしますので,今後ともよろしくお願いいたします。

西村直行弁護士加入のお知らせ

本年(平成30年)12月より,当事務所に西村直行弁護士が加入しました。

西村弁護士は,早稲田大学法学部,早稲田大学法科大学院を卒業した新進気鋭の弁護士です。

西村弁護士は

・熱い魂と冷静な頭脳を持っていること

・優れた調査能力を持っていること

・極めて常識的な思考と,それを導く法的思考に長けていること

・人間的に見ても,優れていること

といった点を兼ね備えている弁護士です。

また,西村弁護士の加入に先立ち,当事務所の事務局を2名増員し,弁護士2名,事務局3名の体制を整備しました。

今後とも,当事務所をよろしくお願い申し上げます。

事務局募集のお知らせ

当事務所開設から3年半が経とうとしておりますが,おかげさまで,当事務所もまもなく弁護士1名を増員し,弁護士2名体制での業務をスタートする予定となっております(正式に決まりましたら,またご案内申し上げます。)。

それに伴いまして,事務局を2名ほど募集いたします。

弁護士補助業務(一般事務・秘書業務)の正社員を募集します。

詳しくは,ハローワーク高崎求人情報をご確認いただきますようお願いいたします。

できるだけ早く働き始めていただきたいと思いますので

興味を持たれた方は是非,ご応募ください。

なお,この求人票には,残念ながら「育児休業取得実績」が「なし」と書かれています。
もちろん,制度としては育児休業はありますが,実際に取得した実績がないと「あり」とは書けないのです。
産休・育休の制度はもちろんご用意してありますので,ご安心ください。

平成30年(2018年)夏期休業日についてのお知らせ

【夏期休業日のお知らせ】

当事務所は平成30(2018)年8月13日(月)~17日(金)まで,夏期休業日とさせていただきます。

お手数をおかけいたしますが,この間,電話受付できませんので,ご了承ください。

 

もっとも,この期間中の「法律相談」「打合せ」は時間帯によっては可能ですので,休業日前にご予約ください。

ご迷惑をおかけいたしますが,よろしくお願いいたします。

2017年(平成29年)8月の営業時間について

2017年(平成29年)8月の営業時間について

当事務所はこの8月,カレンダーどおりの業務を行います。

しかしながら,明日8月2日から4日までと7日から9日までは弁護士が不在となるため,相談や打合せ等はできません。メールも即時閲覧は不可能となります。

また,8月14日から16日までは,事務局不在となりますので,弁護士が法廷に出ている時間等は電話対応ができません。
ご不便をおかけして申し訳ございませんが,ご理解を賜りますようお願い申し上げます。