2021年(令和3年)謹賀新年

あけましておめでとうございます。

さて、昨年を振り返りながら、今年の抱負を述べたいと思います。

1 発信者情報開示・インターネット関連

2020年は、twitter、Facebook、2ch、5ch、爆サイ、LINE・・・といった、個人・企業に対するインターネット上の権利侵害への対応(発信者情報開示・ログ保存・投稿削除等)に奔走した一年でした。

同業者(他の弁護士さんたち)からの紹介という案件が結構ありまして、紹介者の先生のお顔に泥を塗ることのないよう、日々研鑽に努めております。

抜本的な法改正が必要不可欠ですが、本年中に形になるようです。使い勝手の良い制度となるか、注目したいと思います。

 

2 顧問先の皆様への感謝

  コロナ禍にもかかわらず、2020年は多数の法律顧問のご依頼をいただきました。大変な時期にも関わらず、あえてご依頼を頂けるわけですから、是が非でもご期待に沿えるよう頑張りたいと思います。

 それにしても、2020年の1年間で、その前10年間と同じくらいの契約書チェックをしたような気がします。4月からの債権法改正に伴うものでしょうか。いまだに「瑕疵担保責任」と書かれた契約書がお手元にある方は、見直しをしてみてはいかがでしょうか。

 

3 児童相談所関係

近年、児童相談所の非常勤弁護士(嘱託弁護士)を拝命しており、定期的に児童相談所に行き、会議に出席したり、具体的なケースの助言をしたり、法律相談に回答したり、面談に立ち会ったりしております。

 児童相談所に対する社会の期待はものすごく大きく、職員の皆さんはその期待を背負って、子どもの安心・安全を第一に日々奮闘しています。

 少しでも子どもたちのために奮闘している職員の皆さん、なにより子どもたちの安心・安全のために力になれればと思っております。

 

4 コロナ禍と自然災害債務整理ガイドライン

  コロナは災害です。コロナ禍に苦しむ個人・個人事業主の切り札になり得るのが「自然災害債務整理ガイドライン(被災ローン減免制度)」です。弁護士会内の体制整備を進めつつ、何が何でも周知を進めたいと思っています。

 

5 時代に合った法律事務所

  2020年も、クレジットカードやPayPayなどのQRコード決済のお客さんも多数いらっしゃいました。コロナ禍を機に、オンライン(ZOOM、TEAMS、Skype等)相談、オンライン打ち合わせも適宜行っております。

また、依頼者様との連絡は基本的にLINEでしており、ものすごく好評です(書面もPDFでお送りしております)。また、Chatwork等も併用しています。

2021年も、時代の波に取り残されないよう、進取の精神で頑張ります。

 

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

年末年始休業期間(12/26~1/3)のお知らせ

平素より舘山法律事務所をご愛顧いただきありがとうございます。

令和2年(2020)年末から令和3年(2021)正月の当事務所の休業期間をお知らせいたします。

 

年末年始休業期間:令和2年12月26日(土)~令和3年1月3日(日)

 

令和2年の最終執務日は12月25日(金)午後6時まで

 

令和3年の執務開始日は1月4日(月)午前9時から

 

とさせていただきます。

新型コロナウイルス感染症とエンターテインメント

新型コロナウイルス感染症は現在「第3波」に突入しているようです。

裁判所は,第1波のとき,緊急事態宣言が出るや,通常業務をストップさせました。

利根川以南の1都3県の裁判所では,その影響が現在も残っています。

(高崎の裁判所と熊谷の裁判所って,規模もだいたい似ているのですが,高崎の裁判所はもう,ほぼ平常業務です。一方,利根川(烏川?神流川?)を隔てた熊谷の裁判所は,破産なり調停なりを申し立てても一向に進みません。)。

 

今年は,全ての皆さんが,それぞれのフィールドでコロナとたたかっている,そんな1年です。

 

当事務所もコロナを機に,だいぶ業務のクラウド化・効率化をはかりましたが,業務としても,顧問先企業様からの契約書チェックの依頼が「前年比何倍だろう?」というくらい増えました。

4月の改正債権法施行もある上,コロナ禍で大企業などが「そうだこの機に」と思ったのか,協力会社等との基本契約書をがっつり改訂しようとして,その契約書が私の顧問先企業様方に送られ,私の手許に届く,という流れが多かったのでしょうか。

顧問料をいただきっぱなしというのはもったいないし,おそれおおいので,どんどん契約書のチェックなどの業務を投げていただきたいと思います。

 

飲食,製造など,様々な業種の方々がコロナでダメージを受けていますが,エンターテインメント業界というのは,本当に壊滅的な被害を受けていらっしゃいます。

「衣食住」は人間に不可欠ですが,エンターテインメントは「余暇」「プラスアルファ」「ぜいたく」だから,こういう非常時に一気にしわ寄せが来るのでしょう。

 

しかし,そんな中だからこそ,エンターテインメントの素晴らしさ,尊さを実感した1年になりました。

 

まず,東京ディズニーリゾート(TDR)。

私は,以前,関東弁護士会連合会の災害PTで,TDRの運営会社であるオリエンタルランドに視察させていただき,東日本大震災のときのTDRの皆様の対応がまさしく「神対応」だったことを学びました(関弁連だより2016年11月号に寄稿しています)。

TDRは「夢の国」です。本当にたくさんの人々に「特別な時間」を提供してくれます。最大かつ究極のエンターテインメントであるとすら思います。

オリエンタルランドの皆さんはそれを誰よりも認識しているからこそ,東日本大震災時のすばらしい対応が当然のようにできたのだと思います。

それ以来,災害時でも,非常時でも,TDRが業務を続けてくれている,というのは,私の中で心強く思っているところでした。

 

しかし,コロナ禍で,TDRの営業が自粛されました。

私自身は,普段はTDRが特段大好きというわけでもなく,家族で毎年1回くらい,ミラコスタかディズニーランドホテルに宿泊して,1泊2日を強行軍で乗り切るという程度でした。

しかし,それにもかかわらず,ものすごく不安になりました。

TDRが営業していないのです。舞浜に行っても,あのエントランスから先へは入れないのです。

「今,自分は,TDRが営業していない世界線に紛れ込んでしまった」と絶望的な気持ちになりました。

 

TDRは「衣・食・住」には関連しない,人生に不可欠とはいえない「あそび」の部分です。

TDRのことを思い出さずに終わる1日の方が圧倒的に多いと思います。

それでも,日本国民(のみならず世界中の人々)を楽しませてくれるTDRの灯が消えている,というのは,コロナ禍の象徴のような気がしたのです。

 

緊急事態宣言が開けてほどなくして,TDRが再開されました。

 

私も,「あの」(徹底的にお客様ファーストの)オリエンタルランドが,コロナ禍とどのようにたたかう決意をしたのか,いてもたってもいられなくなり,夏,行ってきました。

災害復興を扱い,会社や施設のBCP(事業継続計画)策定・改訂への関与もしている立場としては,オリエンタルランドがどう対応したのか,現地で学ぶことは,最良の教材だと思ったからです。

 

・私の中で「どうしても避けられないであろう『密』」と思っていたホーンテッドマンションの最初のエレベーター(的フロア)がどう変わるのか。

・『密』でしかないあの行列はどうなるのか。

・食事はどうか。

・マスクと熱中症が叫ばれていた時期だったので,水分補給対策はどうか。

 

結論とすると,見事としか言いようがありませんでした。

至るところにアルコール消毒液。トイレも普段以上にきれい。

ホーンテッドマンションのエレベーター(的フロア)はあんな感じになり,行列はディスタンスを保ったものになっていました。

驚いたのは,どのアトラクションも,最大50分待ちくらいだったことです。

密を避けるため,もんのすごい長い行列になっていましたが,あれよあれよと歩いているうちに,アトラクションに着いていたのです。

 

ファストパス争奪戦もなく,ハッピー15もありません。

 

なのに,この余裕さ。

朝から動き始め,子どもたちが乗りたがっているアトラクションをだいたい制覇して,まだ午後4時とかでした。

ファストパスいらずですね。

 

TDRで感染拡大させないために,という一貫した姿勢が感じられ,お見事でした。

 

本当はもっと人を入れないと経営的には厳しいのだと思います。

日本に,TDRという最大のエンターテインメントの「旗」が立ち,「灯台の灯」も再びともりました。

この種火が消えないように,ファンが,自らを文化の守り手としての自覚を持って,守っていかなければならないんだろうなと思いました。

 

そして,2つ目のエンターテインメントは,プロ野球。

私は巨人ファンで,ファンクラブの会員でもあるわけですが,ドームに行くとだいたい巨人が負けるので,非巨人ファンの友人達からはどんどんドームに行けと言われ,巨人ファンの友人達からは頼むからドームには行くなと言われている部類のファンです。

 

なかなかオンタイムで見ることは難しいですが(子どもたちの風呂上がりのケアあたりでテレビをつけると8時半くらいです),勝った日にCSでプロ野球ニュースを見るのは最高です。

 

そんなプロ野球ですが,コロナ禍で,今年は無理だろうなと思っていたのです。

しかし,関係各位のものすごい努力のおかげで,シーズンを開くことができました。

 

開幕の日,私は,大津の裁判所で裁判を終えて,関東方面に向けて東名高速道路を疾走していました。

国民的エンターテインメントのひとつであるプロ野球がコロナ禍を乗り越えて返ってきた。

これも,日本のプロ野球業界,スポーツ業界の並々ならぬ「覚悟」を示すものでした。

「衣・食・住」とは直接関係ないもの。でも,見ている人の目を輝かせるもの。

開幕前の原監督,矢野監督のスピーチを聞いていて,ようやく日常が戻ってきたという安心感が沸いてきました。

でも,その安心感も,ぼんやり待っていた結果表れたふわっとしたものではありません。

絶対に開幕させる,感染拡大防止と両立させるという強固な意思を持った関係者のみなさん,医療関係者の皆さん方の献身的な動きがあってこそ作られたものです。

そう思うと,「日常」「余暇」「プラスアルファ」がいかに大事なものかということを,強く思い知らされました。

 

コロナ禍は,残念ながら,まだまだ続くと思います。

国や行政の財布も底を尽きてしまったような感があります。

自分たちの生活を守ることはもちろん一番大事なことです。

それに加えて,守りたい文化,エンターテインメントに対しても,応援の意味もこめて,お金を使うことが必要なのではないかと思います。

 

今日は弁護士業務とはあまり関連のないことでしたが,絶対に書いておきたいと思ったことなので,書いてみました。

関弁連主催「緊急市民講座@オンライン コロナ禍で起こっている人権問題」を開催します!

今年度,関弁連(関東弁護士会連合会)の新型コロナウイルス感染症統括支援本部(災害対策本部)の事務局次長を拝命している舘山です。

関弁連の災害対策本部や災害対策委員会は,フットワーク軽く,様々な管内弁護士向けの研修を行ってきました。

今回も,差別や誹謗中傷問題について研修をしたいという企画を練っておりました。

しかし,あまりにも素晴らしいものができあがりそうなので,これは弁護士限定ではあまりにももったいない,全国の市民の方々に是非とも公開しようという意見が大勢を占めました。

 

・コロナによる差別・誹謗中傷・情報公開に関心のある市民の方

・感染者の情報をどこまで公開していいのかいつも悩んでいる企業・団体・行政(首長,職員,議員の皆さん)の方

・そしてもちろん,全国津々浦々全ての弁護士の方々

 

に向けた「緊急市民講座@オンライン コロナ禍で起こっている人権問題」(ZOOMとyoutube)を9/17と9/18午後6時から7時まで,開催します。参加無料です。

 

大規模災害であるコロナ禍の問題は本当にたくさんありますが,日本赤十字社の動画「ウイルスの次にやってくるもの」にもあるとおり,その中でも「差別・誹謗中傷問題」は根源的なものです。

・感染者の落ち度を指摘するネットへの投稿。

・感染者を出した企業やお店などを責め立てる投稿や貼り紙。

・感染者のプライバシー情報(ときには,自殺したとか転校を余儀なくされたといった根拠のない噂も)のSNSやグループLINEなどでのまん延。

・医療従事者の子どもの通園・通学拒否

・緊急事態宣言前,パニックになった方々が,子どもを学校や幼稚園・保育園に通わせる親を非難するというのもありました。

1日目は,これらの問題を,「日本で一番災害法制に詳しい弁護士」である津久井進弁護士(兵庫県弁護士会・日本弁護士連合会災害復興支援委員会委員長)により解説していただきます。

 

そして,とにかく何が何でも行政や企業には「徹底した情報公開」が求められる世の中ですが,感染者の情報をどこまで出すべきか。出してはならないのか。

「差別・誹謗中傷を誘発しない,過不足のない適正な情報公開」とは何なのか。

2日目は,コロナ禍の差別問題,情報公開問題に詳しい,災害弁護しきってのアイデアマン・永野海弁護士(静岡県弁護士会・日本弁護士連合会災害復興支援委員会副委員長)に説明していただきます。

ZOOM・youtubeでの配信なので,全世界どこからでも参加可能です。事前申込みも不要です。是非,ご参加ください!!

 ○第1回

日 時:9月17日(木)18時から19時まで

  テーマ:「コロナ禍における差別問題」

  講 師:津久井進弁護士(兵庫県弁護士会)

  ZoomウェビナーURL:https://zoom.us/j/95599989154 (ウェビナーID:955 9998 9154) ※9月18日と共通です。

  YouTube視聴URL:https://youtu.be/i0iUU8Rk3FQ

○第2回

日 時:9月18日(金)18時から19時まで

  テーマ:「コロナ禍における誹謗中傷を防ぐ感染者情報公開のあり方」

  講 師: 永野海弁護士(静岡県弁護士会)

  ZoomウェビナーURL:https://zoom.us/j/95599989154 (ウェビナーID:955 9998 9154)※9月17日と共通です。

  YouTube視聴URL:https://youtu.be/86mjB4inCxY

「高崎市子育て応援商品券」取扱店になりました

舘山法律事務所は、高崎市子育て応援商品券の取扱店舗になりました。

今、様々なところで弁護士の「無料法律相談」が行われています。

舘山法律事務所は、法律相談は有料の面談相談にするとこだわってきました。初回法律相談は1時間程度まで5,500円。2回目以降は30分あたり5,500円をいただいております。

ただし、現在は、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、当面の間に限って初回30分の電話相談を無料としています。

しかしながら、舘山法律事務所については、この無料電話相談は、驚くほどあまりニーズはないようです。

圧倒的に多くの方々からは、無料電話相談がありますよとご案内しても、精度の高い、しっかりした面談法律相談を、お金を払ってでも受けたいというお声を(ありがたいことに)いただいております。

舘山法律事務所はあえて「無料」にしていないこだわりがあるものの、その一方で、少しでも相談者の皆様の負担が軽減できないかという悩みもありました。

そこで、舘山法律事務所も、高崎市子育て応援商品券の取扱店舗に立候補し、認められました。

子育て応援商品券ポスター

法律相談料だったり、依頼する際の弁護士費用だったりを、この「高崎市子育て応援商品券」でお支払いいただくことができます。

事前に「利用したい」というお話をいただかなくても、その日のお支払いのときに「高崎市子育て応援商品券で支払います」と一声おかけいただければ大丈夫です。

なお、舘山法律事務所は、既にご案内しておりますとおり、現金/現金振込のほか、各種クレジットカード・Suica等の交通系ICカード・PayPay・LINE Payでのお支払いにも対応しておりますので,ご遠慮なくお申し付けください。

 

 

当面の間の当事務所の対応について(新型コロナウイルス関連)

1 有料面談相談を原則としますが,面談相談の代替として,初回30分の無料電話(ウェブ)相談を実施します。

できれば面談ではなくても,お互い顔を見ながらの相談としたいので,Skype,TEAMS,ZOOMなどのウェブ会議システムを利用させていただければと思います。

※ 面談相談の代替措置なので,電話相談可能なのは,当事務所にいらしていただくことができる地域に居住している方に限ります。

※ 面談相談は従来どおり,初回は1時間程度5500円,2回目以降は30分ごとに5500円いただきます。

※ 2回目以降の電話相談(30分)は,1回につき5500円いただきます。相談料は,事前に,銀行振込,クレジットカード(ウェブ決済となりますので,VISA,masterのみ)等で送金いただいた上で,相談の開始となります。

2 打合せ,面談の電話・ウェブ化

  当事務所と依頼者様との平時の連絡は,従来よりLINEやメールを中心に,電話や直接面談で行っておりますが,ご希望により,面談をZOOMなどで行わせていただきます。

3 アクリル板等の各所設置

  当事務所では受付,相談室にアクリル板を設置しており,法律相談や打合せの際も,アクリル板を隔てての会話とさせていただきます。

4 マスク着用のお願い

ご相談や打合せの際には,マスク着用をお願いいたします。同時に,当事務所のスタッフは弁護士・事務局含め,全員マスク着用の上執務しておりますので,ご理解ください。

5 健康管理のお願い

37度以上の発熱や咳,倦怠感,味覚障害や嗅覚障害など,身体に異変がある方や,海外から帰ってきてから2週間以内の方などにつきましては,面談相談を電話やウェブ会議に変更させていただきます。どうしても直接面談をご希望の方は,延期させていただきます。

6 新型コロナウイルスに関する相談も受け付けています

新型コロナウイルス感染症により,人的な被害,精神的な被害,経済的な被害を受けている方が多数いらっしゃいます。「法律相談なのかな?」「弁護士に相談するものなのかな?」など思わず,なんでも結構ですので,ご相談ください。

面談相談の実施について

前回の投稿後,当事務所のホームページを確認して電話してくださった相談希望者さんから「電話相談ではなく・・・」「有料相談でいいので面談を・・・」というお声が多数ありまして,面談相談も継続することにしました(二転三転で申し訳ありません)。

面談相談ご希望の方は,従前どおり1時間程度まで5500円(税込)となります。

以下の点について,ご了承くださいますようお願いいたします。

・体調に少しでも異変があるときなどは,面談相談はできません。柔軟に予定を調整し直しますので,必ずお電話ください。

・弁護士も少しでも体調に異変があるときは,相談日程の変更の打診をさせていただきますので,ご理解ください。

・マスクは着用してください(どうしてもマスクがない!という方は,当事務所の備品のマスクをお渡ししますので,ご着用ください)

・当事務所入口で,手指のアルコール消毒をしてください(アルコール消毒ができない体質の方は,よく石鹸で手を洗うなどしてください)

・お茶はお出ししておりませんので,飲み物をご希望の方は,ペットボトル等をご持参ください。

・相談中,換気いたします。エアコンはつけておりますが,暑い・寒いがあるかもしれませんので,調整できる服装でいらしてください。

・面談は,透明なアクリル板越しに行いますことをご理解ください(アクリル板は定期的にアルコールで消毒します)。

・当日閲覧・検討する資料等は事前に郵送,あるいは写真等でお送りいただければと思います。

以上よろしくお願いいたします。

<受付>

受付の写真

事務局とはアクリル板越しにお話しください。また,手指の消毒もお願いします。

<相談室>

相談室

自作の台座なので見苦しいところがあるかと思いますが,ご了承ください。

書類の収受はアクリル板下部のスペースからお願いします。

緊急事態宣言を受けての当事務所の方針

当事務所のある群馬県高崎市を含む全国一律の緊急事態宣言がなされました。これに伴い,当事務所の法律相談・打合せなどの基本的な方針をご案内いたします。

1 面談相談の原則中止及び無料電話(SkypeZoomchatworkTEAMS)相談の開始

  当事務所は,当面の間,感染リスクを減らすため,原則として面談相談を中止します。※追記→2020.6月現在は面談相談も再開しています

その代わり,当面の間,初回無料の電話(Skype,Zoom,chatwork,TEAMS含みます)相談を実施します。初回無料の電話相談は最長で30分とさせていただきます。

  既にご案内しておりますとおり,当事務所は,できるだけ精度の高い回答をできるよう,ご相談者の方には,電話相談ではなく,当事務所にお越しいただき,持参していただいた資料を見ながら,直接顔をあわせて実施する面談相談をポリシーとしておりました。その対価として,法律相談料を初回は1時間程度まで5500円(消費税込み)をいただいておりました。

  しかしながら,感染リスクを少しでも減らすため,断腸の思いではございますが,面談相談は原則として控えさせていただき,電話(Skype,Zoom,chatwork,TEAMS)相談とさせていただくことにいたします。

  できれば,少しでも顔を見ながら,あるいは資料を見ながらということで,Skypeやchatwork,ZOOM,TEAMSで対応したいと思いますが,そのような環境が整わない場合,電話相談でも構いません。

  費用につきましては,当方の回答の精度が面談相談より落ちてしまう可能性があることから,初回電話相談は無料とさせていただきます。

  電話相談等につきましても,予約制とし,予約の時間に当事務所に電話していただく(Skype等はIDなどを教えていただき,当方より呼び出します)形にいたします。

 

2 どうしても面談が必要な場合の措置について

 ※どうしても面談相談が必要な場合は,発熱の有無,濃厚接触の可能性の有無等を確認し,マスクを着用していただき(マスクのご準備は各自でお願いいたします。),手指も消毒(消毒液は当事務所にご用意しております)していただき,実施したいと存じます。

 

3 2回目以降の相談は,1回につき5500円,事前決済とさせていただきます。

  2回目以降の相談は,1回につき5500円(税込)をいただきます。

相談料は,事前に,銀行振込,クレジットカード(ウェブ決済となりますので,VISA,masterのみ)等で送金いただいた上で,相談の開始となります。

 

4 ご依頼中の案件の打合せも,原則として面談は控えさせていただきます。

緊急事態宣言下における面談の打合せは原則として,電話(Skype,Zoom,chatwork,TEAMS含みます)とさせていただきます。

  ただ,基本的な当事務所とのやりとりは,従前どおり,電子メール,LINE,chatwork,TEAMSで行い,適宜電話での打合せとさせていただきます。

※追記→2020.6月現在,面談は行っております。ただし,アクリル板を設置しておりますことと,マスクの着用についてご理解ください。

5 その他

  当事務所もできるだけ感染リスクを下げながらも,従前どおりの適切・緻密な業務を行うべく,試行錯誤を続けたいと思っております(どうしても面談相談・面談打合せを行わなければならない場合に備え,机の上に置く透明なアクリル板を手配するなどもしております。)。

それに伴い,取扱いを変更させていただくこともあると思いますので,ご理解をお願いいたします。

新型コロナウイルスに関する当事務所の対応

※この記事の続報がありますのでご注意ください

本日より東京都,埼玉県など7都府県で新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言が発令されました。

当事務所の所在する群馬県高崎市は,この緊急事態宣言の対象地域ではありませせんが,以下のような対応にしたいと思います。

・ご相談や打合せの際には,マスク着用をお願いいたします(当事務所にマスクは用意しておりませんので,事前にご持参・ご着用ください)。同時に,当事務所のスタッフは弁護士・事務局含め,全員マスク着用の上執務しておりますので,ご理解ください。

・37度以上の発熱や咳,倦怠感,味覚障害や嗅覚障害など,身体に異変がある方や,海外から帰ってきてから2週間以内の方などにつきましては,面談相談を中止または延期させていただきます。

・ご依頼後の打合せにつきましては,ご依頼時にご案内しているLINE,電子メール,あるいは電話を原則とさせていただきます。Chatwork,Skype,ZOOM,slackでの対応も可能です。

なお,今後の進展に応じて,当事務所の執務時間の変更やスタッフのテレワーク等も順次行っていく予定ですので,その都度ご案内いたします(ご依頼者様のうち,当事務所のLINEアカウントを登録なさっている方には,LINEでのご案内を考えております。)。

色々とご迷惑をおかけすることになり,申し訳ございませんが,何卒ご理解のほど,よろしくお願い申し上げます。

年末年始休業のお知らせ

【年末年始休業のお知らせ】
誠に勝手ながら,当事務所は2019(令和元)年12月28日から2020(令和2)年1月5日まで,年末年始休業とさせていただきます。
仕事始めは1月6日午前9時からとなります。

本年も大変お世話になりました。よいお年をお迎えください。