関弁連主催「緊急市民講座@オンライン コロナ禍で起こっている人権問題」を開催します!

今年度,関弁連(関東弁護士会連合会)の新型コロナウイルス感染症統括支援本部(災害対策本部)の事務局次長を拝命している舘山です。

関弁連の災害対策本部や災害対策委員会は,フットワーク軽く,様々な管内弁護士向けの研修を行ってきました。

今回も,差別や誹謗中傷問題について研修をしたいという企画を練っておりました。

しかし,あまりにも素晴らしいものができあがりそうなので,これは弁護士限定ではあまりにももったいない,全国の市民の方々に是非とも公開しようという意見が大勢を占めました。

 

・コロナによる差別・誹謗中傷・情報公開に関心のある市民の方

・感染者の情報をどこまで公開していいのかいつも悩んでいる企業・団体・行政(首長,職員,議員の皆さん)の方

・そしてもちろん,全国津々浦々全ての弁護士の方々

 

に向けた「緊急市民講座@オンライン コロナ禍で起こっている人権問題」(ZOOMとyoutube)を9/17と9/18午後6時から7時まで,開催します。参加無料です。

 

大規模災害であるコロナ禍の問題は本当にたくさんありますが,日本赤十字社の動画「ウイルスの次にやってくるもの」にもあるとおり,その中でも「差別・誹謗中傷問題」は根源的なものです。

・感染者の落ち度を指摘するネットへの投稿。

・感染者を出した企業やお店などを責め立てる投稿や貼り紙。

・感染者のプライバシー情報(ときには,自殺したとか転校を余儀なくされたといった根拠のない噂も)のSNSやグループLINEなどでのまん延。

・医療従事者の子どもの通園・通学拒否

・緊急事態宣言前,パニックになった方々が,子どもを学校や幼稚園・保育園に通わせる親を非難するというのもありました。

1日目は,これらの問題を,「日本で一番災害法制に詳しい弁護士」である津久井進弁護士(兵庫県弁護士会・日本弁護士連合会災害復興支援委員会委員長)により解説していただきます。

 

そして,とにかく何が何でも行政や企業には「徹底した情報公開」が求められる世の中ですが,感染者の情報をどこまで出すべきか。出してはならないのか。

「差別・誹謗中傷を誘発しない,過不足のない適正な情報公開」とは何なのか。

2日目は,コロナ禍の差別問題,情報公開問題に詳しい,災害弁護しきってのアイデアマン・永野海弁護士(静岡県弁護士会・日本弁護士連合会災害復興支援委員会副委員長)に説明していただきます。

ZOOM・youtubeでの配信なので,全世界どこからでも参加可能です。事前申込みも不要です。是非,ご参加ください!!

 ○第1回

日 時:9月17日(木)18時から19時まで

  テーマ:「コロナ禍における差別問題」

  講 師:津久井進弁護士(兵庫県弁護士会)

  ZoomウェビナーURL:https://zoom.us/j/95599989154 (ウェビナーID:955 9998 9154) ※9月18日と共通です。

  YouTube視聴URL:https://youtu.be/i0iUU8Rk3FQ

○第2回

日 時:9月18日(金)18時から19時まで

  テーマ:「コロナ禍における誹謗中傷を防ぐ感染者情報公開のあり方」

  講 師: 永野海弁護士(静岡県弁護士会)

  ZoomウェビナーURL:https://zoom.us/j/95599989154 (ウェビナーID:955 9998 9154)※9月17日と共通です。

  YouTube視聴URL:https://youtu.be/86mjB4inCxY

「高崎市子育て応援商品券」取扱店になりました

舘山法律事務所は、高崎市子育て応援商品券の取扱店舗になりました。

今、様々なところで弁護士の「無料法律相談」が行われています。

舘山法律事務所は、法律相談は有料の面談相談にするとこだわってきました。初回法律相談は1時間程度まで5,500円。2回目以降は30分あたり5,500円をいただいております。

ただし、現在は、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、当面の間に限って初回30分の電話相談を無料としています。

しかしながら、舘山法律事務所については、この無料電話相談は、驚くほどあまりニーズはないようです。

圧倒的に多くの方々からは、無料電話相談がありますよとご案内しても、精度の高い、しっかりした面談法律相談を、お金を払ってでも受けたいというお声を(ありがたいことに)いただいております。

舘山法律事務所はあえて「無料」にしていないこだわりがあるものの、その一方で、少しでも相談者の皆様の負担が軽減できないかという悩みもありました。

そこで、舘山法律事務所も、高崎市子育て応援商品券の取扱店舗に立候補し、認められました。

子育て応援商品券ポスター

法律相談料だったり、依頼する際の弁護士費用だったりを、この「高崎市子育て応援商品券」でお支払いいただくことができます。

事前に「利用したい」というお話をいただかなくても、その日のお支払いのときに「高崎市子育て応援商品券で支払います」と一声おかけいただければ大丈夫です。

なお、舘山法律事務所は、既にご案内しておりますとおり、現金/現金振込のほか、各種クレジットカード・Suica等の交通系ICカード・PayPay・LINE Payでのお支払いにも対応しておりますので,ご遠慮なくお申し付けください。

 

 

当面の間の当事務所の対応について(新型コロナウイルス関連)

1 有料面談相談を原則としますが,面談相談の代替として,初回30分の無料電話(ウェブ)相談を実施します。

できれば面談ではなくても,お互い顔を見ながらの相談としたいので,Skype,TEAMS,ZOOMなどのウェブ会議システムを利用させていただければと思います。

※ 面談相談の代替措置なので,電話相談可能なのは,当事務所にいらしていただくことができる地域に居住している方に限ります。

※ 面談相談は従来どおり,初回は1時間程度5500円,2回目以降は30分ごとに5500円いただきます。

※ 2回目以降の電話相談(30分)は,1回につき5500円いただきます。相談料は,事前に,銀行振込,クレジットカード(ウェブ決済となりますので,VISA,masterのみ)等で送金いただいた上で,相談の開始となります。

2 打合せ,面談の電話・ウェブ化

  当事務所と依頼者様との平時の連絡は,従来よりLINEやメールを中心に,電話や直接面談で行っておりますが,ご希望により,面談をZOOMなどで行わせていただきます。

3 アクリル板等の各所設置

  当事務所では受付,相談室にアクリル板を設置しており,法律相談や打合せの際も,アクリル板を隔てての会話とさせていただきます。

4 マスク着用のお願い

ご相談や打合せの際には,マスク着用をお願いいたします。同時に,当事務所のスタッフは弁護士・事務局含め,全員マスク着用の上執務しておりますので,ご理解ください。

5 健康管理のお願い

37度以上の発熱や咳,倦怠感,味覚障害や嗅覚障害など,身体に異変がある方や,海外から帰ってきてから2週間以内の方などにつきましては,面談相談を電話やウェブ会議に変更させていただきます。どうしても直接面談をご希望の方は,延期させていただきます。

6 新型コロナウイルスに関する相談も受け付けています

新型コロナウイルス感染症により,人的な被害,精神的な被害,経済的な被害を受けている方が多数いらっしゃいます。「法律相談なのかな?」「弁護士に相談するものなのかな?」など思わず,なんでも結構ですので,ご相談ください。

面談相談の実施について

前回の投稿後,当事務所のホームページを確認して電話してくださった相談希望者さんから「電話相談ではなく・・・」「有料相談でいいので面談を・・・」というお声が多数ありまして,面談相談も継続することにしました(二転三転で申し訳ありません)。

面談相談ご希望の方は,従前どおり1時間程度まで5500円(税込)となります。

以下の点について,ご了承くださいますようお願いいたします。

・体調に少しでも異変があるときなどは,面談相談はできません。柔軟に予定を調整し直しますので,必ずお電話ください。

・弁護士も少しでも体調に異変があるときは,相談日程の変更の打診をさせていただきますので,ご理解ください。

・マスクは着用してください(どうしてもマスクがない!という方は,当事務所の備品のマスクをお渡ししますので,ご着用ください)

・当事務所入口で,手指のアルコール消毒をしてください(アルコール消毒ができない体質の方は,よく石鹸で手を洗うなどしてください)

・お茶はお出ししておりませんので,飲み物をご希望の方は,ペットボトル等をご持参ください。

・相談中,換気いたします。エアコンはつけておりますが,暑い・寒いがあるかもしれませんので,調整できる服装でいらしてください。

・面談は,透明なアクリル板越しに行いますことをご理解ください(アクリル板は定期的にアルコールで消毒します)。

・当日閲覧・検討する資料等は事前に郵送,あるいは写真等でお送りいただければと思います。

以上よろしくお願いいたします。

<受付>

受付の写真

事務局とはアクリル板越しにお話しください。また,手指の消毒もお願いします。

<相談室>

相談室

自作の台座なので見苦しいところがあるかと思いますが,ご了承ください。

書類の収受はアクリル板下部のスペースからお願いします。

緊急事態宣言を受けての当事務所の方針

当事務所のある群馬県高崎市を含む全国一律の緊急事態宣言がなされました。これに伴い,当事務所の法律相談・打合せなどの基本的な方針をご案内いたします。

1 面談相談の原則中止及び無料電話(SkypeZoomchatworkTEAMS)相談の開始

  当事務所は,当面の間,感染リスクを減らすため,原則として面談相談を中止します。※追記→2020.6月現在は面談相談も再開しています

その代わり,当面の間,初回無料の電話(Skype,Zoom,chatwork,TEAMS含みます)相談を実施します。初回無料の電話相談は最長で30分とさせていただきます。

  既にご案内しておりますとおり,当事務所は,できるだけ精度の高い回答をできるよう,ご相談者の方には,電話相談ではなく,当事務所にお越しいただき,持参していただいた資料を見ながら,直接顔をあわせて実施する面談相談をポリシーとしておりました。その対価として,法律相談料を初回は1時間程度まで5500円(消費税込み)をいただいておりました。

  しかしながら,感染リスクを少しでも減らすため,断腸の思いではございますが,面談相談は原則として控えさせていただき,電話(Skype,Zoom,chatwork,TEAMS)相談とさせていただくことにいたします。

  できれば,少しでも顔を見ながら,あるいは資料を見ながらということで,Skypeやchatwork,ZOOM,TEAMSで対応したいと思いますが,そのような環境が整わない場合,電話相談でも構いません。

  費用につきましては,当方の回答の精度が面談相談より落ちてしまう可能性があることから,初回電話相談は無料とさせていただきます。

  電話相談等につきましても,予約制とし,予約の時間に当事務所に電話していただく(Skype等はIDなどを教えていただき,当方より呼び出します)形にいたします。

 

2 どうしても面談が必要な場合の措置について

 ※どうしても面談相談が必要な場合は,発熱の有無,濃厚接触の可能性の有無等を確認し,マスクを着用していただき(マスクのご準備は各自でお願いいたします。),手指も消毒(消毒液は当事務所にご用意しております)していただき,実施したいと存じます。

 

3 2回目以降の相談は,1回につき5500円,事前決済とさせていただきます。

  2回目以降の相談は,1回につき5500円(税込)をいただきます。

相談料は,事前に,銀行振込,クレジットカード(ウェブ決済となりますので,VISA,masterのみ)等で送金いただいた上で,相談の開始となります。

 

4 ご依頼中の案件の打合せも,原則として面談は控えさせていただきます。

緊急事態宣言下における面談の打合せは原則として,電話(Skype,Zoom,chatwork,TEAMS含みます)とさせていただきます。

  ただ,基本的な当事務所とのやりとりは,従前どおり,電子メール,LINE,chatwork,TEAMSで行い,適宜電話での打合せとさせていただきます。

※追記→2020.6月現在,面談は行っております。ただし,アクリル板を設置しておりますことと,マスクの着用についてご理解ください。

5 その他

  当事務所もできるだけ感染リスクを下げながらも,従前どおりの適切・緻密な業務を行うべく,試行錯誤を続けたいと思っております(どうしても面談相談・面談打合せを行わなければならない場合に備え,机の上に置く透明なアクリル板を手配するなどもしております。)。

それに伴い,取扱いを変更させていただくこともあると思いますので,ご理解をお願いいたします。

新型コロナウイルスに関する当事務所の対応

※この記事の続報がありますのでご注意ください

本日より東京都,埼玉県など7都府県で新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言が発令されました。

当事務所の所在する群馬県高崎市は,この緊急事態宣言の対象地域ではありませせんが,以下のような対応にしたいと思います。

・ご相談や打合せの際には,マスク着用をお願いいたします(当事務所にマスクは用意しておりませんので,事前にご持参・ご着用ください)。同時に,当事務所のスタッフは弁護士・事務局含め,全員マスク着用の上執務しておりますので,ご理解ください。

・37度以上の発熱や咳,倦怠感,味覚障害や嗅覚障害など,身体に異変がある方や,海外から帰ってきてから2週間以内の方などにつきましては,面談相談を中止または延期させていただきます。

・ご依頼後の打合せにつきましては,ご依頼時にご案内しているLINE,電子メール,あるいは電話を原則とさせていただきます。Chatwork,Skype,ZOOM,slackでの対応も可能です。

なお,今後の進展に応じて,当事務所の執務時間の変更やスタッフのテレワーク等も順次行っていく予定ですので,その都度ご案内いたします(ご依頼者様のうち,当事務所のLINEアカウントを登録なさっている方には,LINEでのご案内を考えております。)。

色々とご迷惑をおかけすることになり,申し訳ございませんが,何卒ご理解のほど,よろしくお願い申し上げます。

年末年始休業のお知らせ

【年末年始休業のお知らせ】
誠に勝手ながら,当事務所は2019(令和元)年12月28日から2020(令和2)年1月5日まで,年末年始休業とさせていただきます。
仕事始めは1月6日午前9時からとなります。

本年も大変お世話になりました。よいお年をお迎えください。

婚姻費用・養育費算定表の改訂について

昨日12月23日,最高裁判所(司法研修所)は16年ぶりに婚姻費用・養育費の算定表を改訂しました。舘山も東京に行く用事があったので,発売日の午前中に日弁連の地下の書店で一冊購入しました。

おそらく全体的に増額傾向だろうとは思っておりましたが,どこまでの上げ幅なのか,養育費や婚姻費用を「請求する側」も「請求される側」も数多く手がけている立場としては,ものすごく注目していました。

平成30年度司法研究(養育費,婚姻費用の算定に関する実証的研究)の報告について(裁判所HPより)

元々,養育費が低額だという指摘は各方面からあり,日弁連がその声を受けて新算定表を作り,最高裁が動いたという流れだと理解していますが,日弁連の算定表ほどの増額ではなく,とはいえ無視できないほどの増額だというような印象です。

たとえば,

監護親 年収(給与)100万円 非監護親(給与) 年収400万円 子ども2人(2人とも14歳以下)

というケースの場合,従前の算定表だと養育費は4万円~6万円の真ん中あたりでした。これが新算定表だと,4万~6万の上のあたりで,約1万円増加する感じです。

監護親 年収(給与)200万円 非監護親(給与) 年収500万円 子ども2人(1名14歳以下,1名15歳以上)

というケースの場合,従前の算定表だと養育費は6万~8万円の真ん中あたりでした。これが新算定表だと,やはり6万~8万円の真ん中あたりで,あまりかわりません。

全体的に増加傾向にあるものの,当初(業界的に)考えられていたようなドラスティックな増額ではなく,裁判所らしい「現実的な」増額にとどまったとみることができるかもしれません。

なお,裁判所は,この研究が発表されたこと(つまり算定表が改訂されたこと)自体は,養育費等の額を変更すべき事情変更には該当しないとのスタンスです。算定表が変わったということだけでは増額はできないとのことですが,双方の収入が変わったとか,そういった事情変更があれば,そのとき使われるのはこの算定表,ということになると思います。

PayPayでも5%還元となります

既に当事務所でクレジットカードや交通系ICカードで弁護士費用等をお支払いいただく場合,5%の還元となっているところでしたが,ようやくPayPayも5%還元となりました(8月に手続を行っていたんですけどね・・・)。

 

 

交通事故の弁護士向け研修を受けてきました

先日,どうしても受けたかった交通事故に関する研修を受けてきました。自費で。

株式会社自研センターが実施する,弁護士向けの研修です。

千葉県市川市の二俣新町駅近くの自研センターにて,朝から夕方まで,充実したカリキュラムがみっっっちり詰まった濃厚な2日間でした。

自動車の構造,修理技法,見積技法。衝突などについての基礎知識を習得することを目的としているものでしたが,座学だけではなく,まずは教室で基本的なところを学び,その後実際に見てみよう!という流れで進められる,非常にわかりやすいものでした。

本物の自動車を前にして,構造を「目で見て」理解することができました。

そして,実際に目の前で自動車を自動車に衝突させます。

追突する瞬間を撮影しようとしたものの,追突の直前になってしまった写真

脇見運転など前方不注視で前の車に突っ込む。大きな衝撃音がして,辺り一面にエアバッグの粉が舞い上がりました。

日本全国,今この瞬間も複数発生しているであろう,ありふれた交通事故かもしれません。ですが,ぶつけた方もぶつけられた方も,ものすごい恐怖を受けただろうと思います。ぶつけられた車に乗っている人も,おそらく怪我をしたでしょう。何が起きたかわからず,パニックになったかもしれません。事故の恐怖を改めて実感しました。

続いて,実際に今目の前でぶつかった車の修理を見せてもらいました。どこがどう変化しているのか。交換する必要があるのか。引っ張って直すのか。どう引っ張るのか。叩くのか。どう叩くのか。溶接か。どう溶接すればいいのかなど,修理を実際に見るのは初めてだったので,非常に勉強になりました。

その後は,塗装です。調色は済ませていただいていましたが,他の部分と全く見分けがつかないように塗装する「プロの技」を見ることができました。

最後に,卒業試験ではないですが,実際に凹んだり傷ついている車を見て,何と,どう接触したのか推理する時間がありました。私もいろいろ考えて「電柱・・・ではないな。鉄柱か!でもちょっと凹みがずれてるんだよなぁ・・・」などと推理したのですが,実際はセダン型自動車の後部トランク部分の角との接触だったという引っかけ(?)問題に見事に引っかかってしまいました。

今回学んだことは,アジャスターや修理業者の方々にとっては基本中の基本の事項であり,初歩の初歩だったと思います。ですが,実際に見積書や写真,そして診断書,鑑定書など,書面中心なのが弁護士ですので,今回,いろいろと実際に「見た」「感じた」経験が,「想像力」となって,案件を進めるにあたり,随所で深みを持たせられるのではないかと思います。

今回は日弁連を介しての参加だったので,自費(数万円)を払っての参加でしたが,非常に濃厚なカリキュラムとホスピタリティ溢れるスタッフの皆様のおかげもあり,十分元は取れた,大満足の研修でした。

なお,台風15号の影響で,現在も千葉県は大変なことになっています。私は台風被害からおよそ10日後,幕張のホテルに宿泊したのですが,幕張は電気も通っており,特段被害を感じることはありませんでした。しかし,入ったコンビニに陳列されている商品の少なさを見て,被害を実感しました。千葉県をはじめとする被災された地域の皆様が,一日も早く日常を取り戻されることを祈念申し上げます。