弁護士と弁護団と有能な後輩弁護士。

弁護士は,基本的に一匹の狼です。

弁護士が複数いる法律事務所は一つの「群れ」になって活動することもありますが,

その中の一人だけで事件を遂行することもできます。

 

群馬には280人くらいの弁護士がいますが,それぞれがライバルで,商売敵です。

が,大きな事件が起こると,それに対応するため,1人ではとても対応しきれないこともあります。

そんなときには,志を同じくする弁護士複数が「弁護団」を結成して,事件にあたります。

私も,被災者支援活動をしていた関係から,群馬弁護士会所属の弁護士によって結成された

「原子力損害賠償群馬弁護団」に所属しています。

 

これをたとえると,弁護団はナショナルチーム的な要素があるかな?と思ったりします。

いつもは国内の各チームに所属して戦っているけど,

国際試合等があると,代表を選抜してナショナルチームを作って戦うわけです。

 

弁護団では,いろいろな弁護士のやり方を学べるので,大変勉強になります。

弁護士から見ても,「あ,この弁護士すごくいい!」と思う人も結構います。

たとえ後輩であっても,率直に「すげえな」と思えるわけです。

 

ずっと群馬弁護士会に所属し,原子力損害賠償群馬弁護団でも貴重な貴重な戦力であった弁護士が

先日,神奈川県相模原市にて独立なさいました。

多湖翔先生は,極めて冷静に全体を見渡しつつ,とても熱い魂を持った弁護士です。

“COOL HEAD “”WARM HEART”という表現がぴったりです。

個人的なことを言えば,群馬に残って欲しかった・・・

私は群馬弁護士会災害対策委員長を長らくしているのですが,そろそろ次の世代に委員長職を禅譲したいと思ったとき,最初に思いついたのが多湖弁護士でした。

また,群馬弁護士会選出の,日弁連災害復興支援委員会の委員もしているのですが,そろそろ次の世代に委員職を禅譲したいと思ったとき,最初に思いついたのが多湖弁護士でした。

もちろん,これらの職をやりたくないから禅譲を考えたわけでは決してなく,

私は群馬弁護士会選出の委員なので,自分だけが知識や経験を独占するのではなく,

群馬弁護士会の次の世代に知識や経験を繋げていかなければならないという苦渋の決断でした。

是非とも,多湖先生にバトンをつなぎたかったのです。

・・・しかし,多湖先生は私の熱いラブコールを振り切り(笑)神奈川県弁護士会に登録替えなさいました。

折しも全国各地で厳しい災害が発生している中,被災された方々の生活再建,特に,単なる経済的な復興を超えた「人間の復興」を必ず実現しなければならないという強いと,そのために弁護士としてできることについて,引き続き携わっていきたいと思います。

そんな思いも共有できているのが多湖先生なんですが,多湖先生は,既に神奈川県弁護士会で災害関係の活動もなさっていると伺っておりますし,幸運なことに,現在,関東弁護士会連合会のシンポジウム委員会にて再会でき,旧交を温めているところです。

弁護団の中でともに戦ったことも,一匹狼同士,相手方として戦ったこともありますが,

多湖先生は,数多くの事件に携わりながらも,すべて極めて真摯に,丁寧に,迅速に,熱く対応しているなぁと思っています。

必ずや,相模原をはじめとする地域の方々のお力になれる弁護士だと思っています。

 

そんな多湖先生の事務所のウェブサイトはこちらです(ステマ?笑)

相模原で離婚,相続に強い多湖総合法律事務所

 

継続は力(弁護士の被災者支援活動)。

私は東北大学の法科大学院を卒業している関係で,東日本大震災は本当にショックでした。

何かしたい,何かしなくては,と思うものの,災害に対して,弁護士というものはあまりにも無力だと絶望しました。

自衛隊の方々,消防の方々,行政の方々,ボランティアの方々に比べて,自分は何にもできない,このバッジは何なんだろう,と無力感にさいなまれました。

しかし,実際には,弁護士としてできること,弁護士しかできないことというのがたくさんありました。

それを教えてくれたのが,岩手弁護士会・仙台弁護士会・福島県弁護士会ほか被災地弁護士会の献身的な活動であり,それを後方で支援する日本弁護士連合会,阪神淡路大震災を経験した兵庫県弁護士会,中越・中越沖地震を経験した新潟県弁護士会ほか各地の弁護士会や,各地の弁護士有志でした。

弁護士でもできることがある。弁護士しかできないことがある。

そう思った私は,弁護士としての被災者支援活動に身を投じました。

ちょうど1か月後に全国で初めて言い渡される福島第一原発事故被害者損害賠償請求訴訟もその一環です。

日弁連でも,災害復興支援委員会の運営委員とさせていただき,4万件を超える法律相談事例集の作成や立法提言に携わらせていただきました。

↓日弁連のサイトから↓(短縮版)

↓フルバージョン↓

いろんな法律相談を通して,法の不備・運用の不備が明らかになります。

今の法律だと,あるいは今の運用だと残念ながら救われないかもしれない。

でも,法律が変われば救われる。運用が変われば救われる。

ニーズがあるんだ,と立法機関や行政に理解してもらうため,4万件以上の法律相談は何事にも代えがたいものでした。

 

まもなく東日本大震災から6年が経ちます。

被災者支援は一過性のものであってはなりません。やり続けなければなりません。

先日,第1回関東弁護士会連合会賞の授賞式がありました。

第1回という栄えある賞の受賞者は,静岡県弁護士会の葦名ゆき弁護士でした。

葦名先生は,まさに,ずっと継続して,関弁連内で,あるいは地元静岡県弁護士会内で,被災者支援活動をなさってきた方です。

その活動が評価されて,第1回関弁連賞を受賞されたのです。

そんな葦名先生が受賞に際して,ブログを更新なさいました。

「第1回関東弁護士会連合会賞」を頂きました。(弁護士YA日記)

私も,葦名先生と,関弁連の災害対策協議会PTという少数PTでご一緒させていただいており,激務を激務と思わず,愚痴もこぼさず黙々と活動なさってきた葦名先生を知る者として,感無量です。

まさに「継続は力なり」です。

とてつもない大きなものが相手であっても(それが「大震災」であっても),時間をかけてでも,じっくり,一生懸命,やれることを総動員して,やる。諦めない。

葦名先生のご活躍は,弁護士として忘れてはいけない大切なことを思い出させてくれました。

 

どの時点で弁護士に依頼するか?

法律相談では,ご相談の内容について,法的分析と見通しをお伝えするとともに
ご依頼をいただくこともあります。

そこで,どの時点で弁護士に依頼するか,というのがよく話題に上がります。

結論は一律ではなく,具体的なケースによって千差万別だと思います。

たとえば,離婚。

当事者間で離婚の話し合いをして,一番揉める点,たとえば親権や慰謝料について
だいたいの合意ができているとかといった場合は,その交渉の時点で弁護士を入れると,
かえって事が荒立ってしまうこともあり,離婚ができなくなってしまうとか,
そういった危惧があるなら,当事者間での話し合いを継続してもいいと思います。
そして,弁護士は,たとえばその話し合いの中で,で知りたいことがある等という場合に
スポットで法律相談をする,といった使い方も考えられます。

一方,交渉してもどうにもならないことが明らかな場合,交渉の段階から弁護士に依頼するということもよくあります。
当事者間の力関係で,自分がどれだけ頑張っても対等な立場での交渉は難しいという場合などです。
DV(精神的虐待を含む)等を原因とする離婚の場合はそういった傾向が顕著です。

よく「調停は弁護士を入れた方がいいですか?」と聞かれます。

調停の待合室での感覚では,弁護士を付けず,当事者だけでやっている調停の方が多いように思います。
通常の離婚調停であれば,弁護士に依頼する費用も考えて,まずは自分でやってみて,
その中で,たとえば調停委員さんが向こうの言い分を重く扱い,こちらの言い分をあまり聞いてもらえないとか,
相手が弁護士を入れたからこちらも,というようなことで弁護士に依頼することが多いようです。

訴訟になったら,弁護士に依頼するのが一般的でしょう。

不貞などの慰謝料請求は?

ご自身で進めるのであれば,いろいろな思いのある中で,極めて冷静に事を進める必要があります。
しかし,どうしても気持ちが入ってしまい,必要以上に大事になってしまうこともあります。
内容証明郵便を1通送れば自動的に満額回収できるということは滅多にありません
(全くないわけではありませんが)ので
最初から,代理権のある弁護士に依頼するのが良いのではないかと私は思っています。

では,たとえば交通事故はどうでしょう。

これも,最初の段階から弁護士に依頼することもあります。
しかし,一般的には,相手方保険会社から示談の提案が来て,その金額に納得がいかないとか,
あるいはその金額が正しいのか知りたいという段階でのご依頼が圧倒的に多いです。
休業損害,後遺障害認定についてのご不満等もかなりありますね。

ただ,たとえばまだ治療中なのに相手方保険会社が治療を打ち切ってくれと強行に言い出したり,
あるいは,相手方保険会社の担当者からの電話連絡が怖くて対応を弁護士に任せたいという方もいらっしゃいます。
その場合は,相手方保険会社からの示談の提示の前にも受任することがよくあります。

では,債権回収は??

金融機関などは自分で差押えなどを行えますが,一般の方はそうではないことが通常です。
そして,確定判決や公正証書がない限り,いきなり差押えというのはできません。
保全手続もありますが,余計にお金がかかります。
ですから,差押えなどの前提として,裁判などを起こさなければなりません。

日本の民事訴訟の大原則は,弁護士に委任せず,本人でも裁判を起こせますし,
自分自身で訴訟活動を行うことができます。
とはいっても,やはり餅は餅屋ではないですが,弁護士に依頼した方が円滑でしょう。
もっとも,債権の存在や金額について争いがない場合には,訴訟以外の手続を,本人が行うことも十分可能です。

・・・というように,いろいろと状況に応じて変わるのですが,一番最悪なのは
本来弁護士に依頼すべきだったのに,それをしなかったばかりに思わぬ結論になり,
それが決まってしまった後に弁護士に相談する,という事態です。

弁護士は高いという印象がかなり世の中にあり,それは残念ながら間違いない場合が多いと思います。
(私の場合も,多くの弁護士と同様離婚は着手金で30万円+消費税,別途成功報酬はいただきますし。)
ただ,法律相談は無料にしている弁護士も多いようですし(私は無料相談はしていませんが),
有料の場合でも,多くの法律事務所では5000円~10000円+消費税程度で相談を受けることができます。

ですから,自分自身で,まだ自分だけでできるとか,そういった判断をせず,
できるだけ早い段階で,まずは弁護士に一度相談してみてアドバイスを受け,
そのとき,どの時点で弁護士に依頼すべきかということもあわせて相談してみることがいいと思います。

看板を付けていただきました

高崎駅東口の大通りと高崎環状線の交差点という,
高崎市内でも有数の交通量のところにある当事務所ではありますが,
看板が間に合わず,図らずもこの2週間ほど,隠れ家的法律事務所になってしまっていました。

本日付けていただく予定だったのですが,台風が近づいていて,風も徐々に強くなって・・・

今日,予定通りに設置にいらした業者さんに「風,大丈夫ですかね?」と聞いたところ,
「これくらいの風じゃ全く問題ないです。」と力強いお言葉をいただき,
実際,ものの数分で取り付けていただきました。

2015-07-17 09.45.37

2015-07-17 10.00.29

ロゴは私のお気に入りなのですが,先輩と打合せを重ねる中,
「舘山」の「舘」という字をよく「館山」と間違えられるということをぼやいてみたら,
(「館山史明」はよくありますし,「館山史郎」「館山史朗」「舘山史郎」「舘山史朗」など百花繚乱です。先日はついに「館山明」という別人格になってしまいました。)
それなら「舘」の字を目立たせてみよう,ということで「舘」の字は大きくしていただき,
また,「山が立っててタテヤマ」というダジャレも取り入れてもらい,
まさに山が立って歩いてるマークも作っていただきました。
山は群馬の山もいろいろ考えたのですが,やはり日本一の弁護士を目指すためにも,日本一の富士山でしょう,
ということで,群馬からだいぶ遠いのですが,富士山にしました。

ただ,看板には,あえて電話番号を掲載していません。
代わりに,このサイトのURLを載せています。

看板を見て興味を持ってくださった方がいらっしゃったら,
事務所名で検索してくださるか,端的にこのURLを入力してくださると思います。
そこで,サイトをご覧になって,私がどういう弁護士なのか少しでも知っていただいた上で,
相談してみようと思っていただければありがたい,と思っています。

なお,当事務所の電話番号は027-330-2355です。

ここでは大きめに書いておきます。

弁護士ドットコムへの回答

弁護士ドットコムにて時々回答しています。

群馬県2位だそうです。びっくりです。

文字ベースでの法律相談の限界を感じ,もどかしく思うことばかりです。
詳しく,かつ精度の高い回答をするためには,それだけの情報が必要です。
法律上の情報というよりは,相談者の方の情報です。

しかし,ネットという公開の場では,どうしても事情を詳しく聞き出せないので,一般的な回答にならざるを得ません。
やはり,本当に自分にジャストフィットする法律相談をご希望の場合は,面談しかないと思います。

逆に,文字ベースであまり書きすぎると,その言葉が切り取られて一人歩きしてしまうリスクもあります。
それは,弁護士のためにもなりませんし,相談者のためにもなりません。
私の回答の多くが「できれば実際に弁護士に相談してみては・・・」となっているのも,そういう理由です。
決して弁護士たちへの利益誘導をしているわけではないのです。

それにしても弁護士ドットコムは,最近骨太のニュースを流すようになっていて,いい感じです。
こういう記事とかこういう記事とか,一般の新聞紙より細かく報道してくれているので,見る頻度は格段に上がりました。

・・・ステマじゃないですよ

法律家の守秘義務

「酒鬼薔薇聖斗」事件の加害者少年の少年審判を担当した井垣康弘裁判官(今は退職して大阪弁護士会所属の弁護士)が,かなり詳しい手記を文藝春秋に出したそうです。
「絶歌」に対する井垣氏の記事 文芸春秋と同氏に抗議文 神戸家裁

これについて,神戸家庭裁判所は

文芸春秋に対し「事件に関する具体的な記述があり、少年審判の信頼を著しく損ない、事件関係者に多大な苦痛を与えかねない」と抗議。井垣弁護士には「退職後も負う守秘義務に反する」と指摘した。

とのことで,これに対して文藝春秋社と井垣弁護士は

 文芸春秋の編集部は「井垣氏の記事は高い公共性を有することから掲載したものです」とコメント。井垣氏は執筆の動機を「男性の人間関係に助けになると思う」とした上で、守秘義務違反について「公になっていることがほとんどで異論がある」とコメントした。

とのことです。

弁護士は,守秘義務を負っています。
ですから,相談者が法律相談でどう言っていたとか,そういうことはたとえ家族にであっても漏らしてはいけませんし,誰から法律相談を受けたとか,今,誰から依頼を受けているとか,そういうことも言ってはいけません。

もし,弁護士が他人に言いふらすかもしれない,と考えたら本当のことなど言えませんし,そもそも相談なんかできません。

裁判官も,同じく守秘義務を負っています。
裁判官は,職業柄,ありとあらゆる証拠を見ることができます。
裁判官は絶対に漏らさないと信頼しているからこそ(しかもその守秘義務が法律上担保されているからこそ),裁判の当事者も我々弁護士も,いろいろな証拠を包み隠さず出せるのです。
そういう信頼があるからこそ,何かトラブルがあったら最終的には裁判所を利用すればいいという司法制度への信頼が成り立っているのです。

しかし,裁判官が,退職後とはいえ,自分が担当した事件の内容を事細かに言いふらすのは,どんな理由があっても許されません。
居酒屋で気が大きくなって言っちゃった,というのは論外ですが,「社会的重大性」とか「高い公共性」とか「男性の人間関係の助けになると思う」とか,そういった理由で,勝手に暴走して発表してしまうのもまた,許されません。

今,進んでいる裁判があったとします。
自分の主張の正当性を裁判所にわかってもらうため,こちらに有利になる証拠は,包み隠さず裁判所には提出したいと考えるのが当然です。
場合によっては,裁判所にだけ見せたいが相手方には見せたくないという証拠もあるかもしれませんが,少なくとも裁判所に対しては,見てもらいたいわけです。

しかし,その裁判官が,将来,裁判所を退職した後,「これは公益性の高い事件だったから」とか「相手方の人間関係の助けになると思うから」といった理由で勝手にその裁判の内容を公開するかもしれないと思ったら,どうでしょう。
包み隠さず証拠を提出したいと思えますか?
そもそも,そんな裁判所を利用したいと思えますか??

この事件は,裁判所の公平性,裁判所への信頼を根底から揺るがす大きな事件だと思います。
もちろん,現在この元裁判官は弁護士とのことですから,弁護士に対する信頼を揺るがす事件でもあります。

司法への信頼を揺るがす危機ですから,我々法律家,特に裁判所,弁護士会の自浄作用が求められていると思います。

多数のお祝いをいただきました

当事務所の開所にあたり,多数の方々(顧問先様,ご依頼者様,関係者の方々,友人の方々,同業者の方々etc.)からお祝いのお花や素晴らしい品等を頂戴しております。
私が通常業務と事務所開設につきっきりになってしまっていて,ろくに挨拶状すらお送りできていなかったにもかかわらず,独立の話を聞きつけて,送付してくださいました。
もちろん書面で御礼を申し上げますが,こちらでも御礼申し上げます。

11694125_442163562622884_457520611751629457_n

11049584_442163559289551_6715646408714378353_n

1610970_442163639289543_1910039211949386535_n

11701161_442163565956217_4786254072486529030_n

11701037_442163575956216_2262819606688380465_n

11695953_442163582622882_412900498226785686_n

11698605_442163592622881_2734537302877196988_n

11403345_442175162621724_3086419333909299850_n

11700861_442163599289547_1748024107987132458_n

11049548_442175245955049_5391041591245097783_n

11694970_442175242621716_502242814932772169_n

11145043_442163615956212_786528314951790675_n

本当にありがとうございます。
いい仕事をしなければなりませんね。